フランス語の数字 100 9 999まで!

Bonjour !皆さんこんにちは!
Comment allez-vous ? お元気ですか?

今回のブログは数字の続きです。
以前お話ししたこと、まだ覚えてますか?↓
フランス語の数字 (0-99)
その時のブログでは0から99まで数えられるようになりましたね。

今日は10 000近くまで数えましょう!(正確には9 999までですが)

「えっ?!10 000?99まででも大変だったのに、10 000だなんて有り得ない!!」って思う人もいるかもしれませんね。
でも0から99までをマスターしていれば、そのあとは意外と簡単なんですよ。
C’est facile.

では、はじめます。999まで数えてみましょう!

まずは100です。フランス語では「CENT」です
(注意 : Tは発音しません)

その後は簡単!日本語の言い方と同じように、頭の数字に100を掛けて言い表します
200 = 2 x 100
300 = 3 x 100
400 = 4 x 100
etc…

つまり
100 : CENT
200 : DEUX  CENTS
300 : TROIS  CENTS
400 : QUATRE  CENTS
500 : CINQ  CENTS
600 : SIX  CENTS
700 : SEPT  CENTS
800 : HUIT  CENTS
900 : NEUF  CENTS

発音の際に注意すべきは、500、600、800の音です。
5の「Q
6の「X
8の「T
発音しませんので気をつけましょう。

あとは日本語と同じで、次の数字を繋げていけば良いのです。
例えば :

106 : CENT  SIX
215 : DEUX  CENT  QUINZE
333 : TROIS  CENT  TRENTE TROIS
427 : QUATRE  CENT  VINGT SEPT
568 : CINQ  CENT  SOIXANTE HUIT
692 : SIX  CENT  QUATRE VINGT DOUZE
744 : SEPT  CENT  QUARANTE QUATRE
853 : HUIT  CENT  CINQUANTE TROIS
988 : NEUF  CENT  QUATRE VINGT HUIT

書く時は注意が必要です。
これらの数字は17から99までと異なり、数と数を繋ぐ「 – 」 (trait d’union) を書きません。
またCENTの後に数字が続く時は、複数を意味する「S」は無くなります。

フランス語は書く時もいろいろなルールがあって難しいですね!
でも数字の場合はそんなに気にしなくても大丈夫です。
なぜなら日本人が漢字で数字を書くことがあまりないように、フランス人もアルファベットで数字を書くことなんてほとんどありません。数を書く時は数字を使うのが普通です。

1000から9999まで!

1000フランス語で「MILLE」(ミル)です
聞いたことがありますか?
ミルフィーユのミルです。
ミルフィーユはフランス語で「1000枚の紙切れ」と言う意味です。
1000枚の紙片を重ねた札束の形に似ていることが由来です。

ミルフィーユ

では、続けましょう!
100と同様、前の数字 x 1000ですね。

1 000 : MILLE
2 000 : DEUX MILLE
3 000 : TROIS MILLE
4 000 : QUATRE MILLE
5 000 : CINQ MILLE
6 000 : SIX MILLE
7 000 : SEPT MILLE
8 000 : HUIT MILLE
9 000 : NEUF MILLE

発音と綴りについて少しだけ説明します。
先述のルールと全く同じで、発音時に注意しなければならないのは5 000、6 000、8 000の発音です。
5の「Q
6の「X
8の「T
発音しません

そして1000は不変です。つまり、複数になっても最後に「S」を付けません。
また100〜の時と全く同じルールですが、数字を書く時は数と数を繋ぐ「 – 」 (trait d’union) を付けきません。

ただし、大切なのは書くとこより言えること、です。なので、書き方はそれほど気にしなくても大丈夫です。

では練習しましょう!↓

1 106 : MILLE  CENT  SIX
2 215 : DEUX  MILLE  DEUX  CENT  QUINZE
3 333 : TROIS  MILLE  TROIS  CENT  TRENTE TROIS
4 427 : QUATRE  MILLE  QUATRE  CENT  VINGT SEPT
5 568 : CINQ  MILLE  CINQ  CENT  SOIXANTE HUIT
6 692 : SIX  MILLE  SIX  CENT  QUATRE VINGT DOUZE
7 744 : SEPT  MILLE  SEPT  CENT  QUARANTE QUATRE
8 853 : HUIT  MILLE  HUIT  CENT  CINQUANTE TROIS
9 988 : NEUF  MILLE  NEUF  CENT  QUATRE VINGT HUIT

フランス語語もっと分かりやすくなるよう新しいルールができました。
アルファベットで数を書く時はどんな数字でも数と数の間に 「 – 」 (trait d’union) の記号を書きます。書いたり書かなかったりすることがなくなるので、悩む必要がなくなりますね。
今後は、新しいルールでも以前までのルールでも、どちらを使っても大丈夫です。

例えば
999 : NEUF  CENT  QUATRE VINGT DIX NEUF   ✔️
999 : NEUF CENT QUATRE VINGT DIX NEUF   ✔️

9 999 : NEUF  MILLE  NEUF  CENT  QUATRE VINGT DIX NEUF   ✔️
9 999 : NEUF MILLE NEUF CENT QUATRE VINGT DIX NEUF   ✔️

本日の課題はここまでです。お疲れ様でした。
いかがでしたか?
初めての方にとっては、わかりづらいかもしれません。
でも呪文のように何度もリピートすれば、簡単に覚えられますよ
目にした数字を頭の中でフランス語で言ってみる…といった練習はとても効果的です

フランス語学校レグザゴンのブログに対するご意見やご感想はレグザゴンのSNSにどうぞ。

次回は10000から数えます。どうぞお楽しみに。
Bon Courage !

フランス語学校レグザゴン