フランスのクリスマス

フランスでも日本同様そろそろクリスマスがやって来ます。

フランスでも日本でもクリスマスはとても人気のイベントです。

しかしながら、2つの国におけるこのイベントの持つ意味合いはかなり違っています。

日本ではキラキラした飾りやイルミネーション、街中の大きなツリーでクリスマスの雰囲気を存分に味わうことができます。しかし24日も25日も仕事をし、いつもどおり過ごします。

さらに25日が過ぎてしまえば、街角の飾りは全て片付けられ、次は年末年始の飾りが登場します。なんと忙しないのでしょう!

フランスにおいては24日と25日はとても大切な日として位置付けられています。

まず24日はクリスマスのレヴェイヨン(クリスマスイブの真夜中に取る祝いの食事およびそのお祝い)の準備をします。祭日となる翌日25日は家族みんなで過ごします。

そして25日が過ぎてもクリスマスの熱は冷めません。大体、1月6日の公現祭の頃までこの雰囲気を味わうことができます。

では、フランスではどのようにクリスマスを過ごすのか、どんな習慣があるのかちょっと覗いてみましょう。日本とはちょっと違うなと、お分りいただけると思います。

まず、フランスでは「クリスマス」とは言わず、「ノエル 」と言います。

「ブッシュ・ド・ノエル」のノエルです。

クリスマスは、神の子イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教のお祝いに由来しています。そしてフランス語の「ノエル」は《誕生の》、《誕生に関係する》という意味のラテン語の《natalis》から派生しています。英語の「クリスマス」も同様、イエスの誕生を意味しています。

クリスマスは24日ではなく25日の0時に祝うものです。日本では混同されていますが、24日はレヴェイヨンの準備のための日です。さらにこの日は多くの子供たちが待ち焦がれている日でもあります。それはもちろん、たくさんのプレゼントを届けるサンタクロースがやって来るからですね。この日のために準備することが、実はたくさんあるのです。

神の子イエス・キリストの誕生

町の変化のクリスマス

日本ではきらびやかなクリスマスイルミネーションが大人気です。

渋谷や恵比寿、丸の内、そしてフランス語学校レグザゴンのある表参道でもイルミネーションを見ようとたくさんの人が集まってきます。こうした華やかなイルミネーションは都心など人気のある限られた地域でしか見ることはできません。

フランスではクリスマスが近づくと、町だけでなく小さな村でも飾り付けをします。市役所、区役所の正面は暖かい光のランプが飾られ、大きい広場の中心には大きく威厳のあるもみの木が鎮座します。大通りの木にもランプが吊るされ、小さな通りにも素敵なイルミネーションが輝きます。

パリのギャラリーラファイエットやプランタンを始めとするデパートのショーウィンドーも、クリスマスの買い物をしている人の目を引くよう豪華なクリスマスの飾りで彩られます。

人や動物を模した電動のからくり人形を展示するショーウィンドウなんかもあります。一見の価値有り!です。

クリスマスのこの時期、たくさんの町でマルシェ・ド・ノエルと呼ばれるクリスマスマーケットが見られます。ここでは家やツリーを飾るための雑貨が揃っています。また、その地方の名物やお菓子などを味わうこともできます。

このマルシェこそが、大人にとっても子どもにとってもクリスマスの醍醐味と言えます。最も有名なマルシェ・ド・ノエルの1つがストラスブールの町のものです。フランスの北東に位置するとても寒い地域のため、お出掛けになる際は厚めのコートをお忘れなく。

パリのクリスマスマーケット

クリスマス期間中の家の雰囲気

町だけでなくそれぞれの家もクリスマスを迎えるための飾り付けが施されます。

クリスマスカラーといえば昔から赤と緑です。

かつては、キリストを意味するモチノキや幸福をもたらすヤドリギ、愛情を象徴する蔦と友情の象徴であるローズマリーなど自然の植物で家を飾りました。

今は家族みんなで色鮮やかなオーナメントやリースで飾り付けをします。窓もシールを貼って(日本では100円ショップでも売っていますよね。)、もちろんツリーも綺麗に飾ります。

もみの木のクリスマスツリー

クリスマスの発祥は、昔から市役所や教会をもみの木で飾っていたアルザス地方と言われています。クリスマスの前夜には教会の前で色々な催しが行われ、天国の象徴とされるリンゴで飾られたもみの木の周りで皆で踊ったりしました。

こうした風習はアルザス地方からヨーロッパ全土にあっという間に広まりました。

そしてついにツリーは各々の家でも置かれるようになりました。

まず、その幹にクリスマスを代表する果物のリンゴが打ち込まれたもみの木を天井から吊るし、それから砂をたくさん入れた桶に移します。これを揺らして動かし、お菓子やおもちゃを落とす、というものでした。

現在はプレゼントをそっと見守るように置かれています。

一般的には12月の初め、もしくはクリスマスの数日前までに購入します。そしてクリスマスが過ぎた後、1月6日の公現祭まで飾ったままにしておきます。

ツリーは家族みんなで選び、子供にとっては大きな楽しみの一つでもあります。フランスでは本物のもみの木をスーパーや街角で簡単に買うことができます。大きさも様々で、庭のある家ならばそこに植えるために根の張った状態のものを見つけることもできます。環境保全や経済的な理由、面倒な後処理の問題からイミテーションのツリーを好む人もいます。

もみの木

ツリーを飾ろう

かつてはツリーは果物(特にリンゴ)で飾られていましたが、次第にキャンディーやお菓子、オーナメントも飾るようになりました。

今もキリスト教を彷彿させるようなガラス玉、天使、鐘の飾りを付けたり

します。さらにはアニメのキャラクターの飾りなんかも。時代は変わりましたね。

クリスマスツリー

クリスマスツリーの根元にクレッシュ・ド・ノエルを飾る家もあります。

クレッシュというのはイエス・キリストの誕生のシーンを表現した模型です。

クレッシュを作るのは、クリスマスがイエスの降誕を祝うものであることを忘れないためです。

馬小屋の模型の中に小さな赤ん坊のイエス、母マリア、父ヨセフを置き、その周りに牛やロバ、羊飼いなど、誕生時に居合わせたものを配置します。

これらはサントン人形と呼ばれる素焼きの土でできた人形です。

多くの教会や大聖堂でも毎年新たなクレッシュが登場します。

時には本物の人間が演じているものもあり、伝統的なものから現代的なものまで様々です。

クレッシュ・ド・ノエル

アベントカレンダー

お菓子が大好きな子供たちのためにアベントカレンダーを用意する家もあります。

ドイツが起源のアドベントカレンダーはクリスマスまでの日数1から24まで仕切られそれぞれに扉がついたカートン製の箱です。毎日1つずつその日の日付と同じ数字の書かれた扉を開けると、中にはチョコレートやキャンディーが隠れています。毎日ワクワクしながらクリスマスのその日を待ちます。

最近では日本の輸入食品のお店(カルディコーヒーや成城石井など)で簡単に買い求めることができるようになりました。凝ったアドベントカレンダーを手作りする人もいます。

アベントカレンダー

レヴェイヨン

レヴェイヨンとはクリスマスイブや大晦日の真夜中にとる祝いの夜食、夜通しの祝宴を意味します。深夜のミサの前、もしくは後に豪華な食事をするのが伝統です。最近ではもっと早い時間から始めることも多いようですが、それは夜中まで続きます。

この時は祖父母、両親、孫など様々な世代の家族みんなが集まりお祝いをして楽しいひと時を過ごします。

フランスではこの伝統的な食事は、贅沢に飾られたテーブルに出されます。こんな光景は一年に一度だけですね。メニューは牡蠣やフォワグラ、ブーダンブラン(鳥や豚の白い肉をベースに、パン、牛乳、脂肪などを混ぜ加熱して作るソーセージ)、七面鳥の丸焼き、ブッシュ・ド・ノエル(日本でもおなじみ薪の形をしたバタークリームを使ったケーキ)が並びます。もちろん家庭や地方によって色々な特徴があります。

ブッシュ・ド・ノエルについて、ちょっとご説明いたしましょう。

かつて昔はブッシュ・ド・ノエルはケーキではありませんでした。

では何だったかと言うと、それはクリスマスを祝うための単なる薪のことでした。(ブッシュはフランス語で薪という意味です)。

長く燃えるよう硬く成長した木を選んで薪にして、家まで持ち運ぶ前に葉形の飾りや

リボンをつけました。そして家長が薪に祝いを捧げた後に、家族の中で一番若い人と一番年をとっている人が一緒に油や蒸留酒で火をつけました。

今日のブッシュ・ド・ノエルはこの伝統行事の名残、象徴となっています。

楽しい雰囲気の中、子供たちはサンタクロースを今か今かと待ちます。しかしサンタがやって来るのは寝ている間のため、小さい子供たちはいそいそとベッドへ向かいます。

もう少し大きい子供たちは、真夜中まで待っています。ですから家族の誰かがサンタに変装し、プレゼントを配ります。まだサンタクロースを信じている子供にとっては衝撃的すぎて、泣き出してしまう子もいたりします。

フランスでのサンタクロース

サンタクロースのモデルは聖ニコラスではないかと言われています。聖ニコラスは毎年クリスマスの時期に、飢えに苦しむ子供たちに野菜や果物をあげていたという言い伝えがあります。そのため子供たちから大変慕われていました。

この話はヨーロッパ、とりわけオランダで有名でしたが、アメリカへ渡ったオランダ人たちがこの逸話をさらに広めました。オランダ語では「シンタークラス 」と発音しますが、

この呼び方がアメリカで少しずつ変化し、今の「サンタクロース」になったと考えられています。

ちなみにフランスではサンタクロースという名前は全くと言っていいほど通じません。フランス語では「ペール・ノエル」と言います。ペールは父、ノエルはクリスマス、直訳すればクリスマスの父という意味になります。

アメリカのとある広告の影響で、サンタクロース像は変わりました。昔は緑の服を着ていたサンタクロースを、コカコーラ社が宣伝の際に赤に変えたことがきっかけでした。聖ニコラウスから、今知られているような赤い衣装を纏い白く長いひげをたくわえて、トナカイの引くソリに乗る太ったおじいさんになったのです。

こうして今皆が知っているサンタクロースは生まれました。

サンタの住む北極では、心を入れ替え優しくなった悪魔たちが、世界の子どもたちのために一年中おもちゃ作りに励んでいるそうです。

24日、1年間お利口に過ごした子供達へプレゼントを贈るため、サンタクロースは世界中を駆け巡ります。世界中の子供に一晩でプレゼントを配るなんて、ものすごいスピード。本当に大忙しですね。

フランスでもとても重要な人物です。

フランスではサンタクロースに欲しいプレゼントを直接お願いできる電話番号もあるのです。

また欲しいものを手紙に書いてお願いすることもできます。住所も切手も不要で、サンタクロースの名前を書くだけで届くそうです。

さらにこの期間はスーパーマーケットやショッピングモールでサンタクロースと記念撮影をすることもできたります。

24日の深夜から25日にかけての真夜中、教会に行き祈りを捧げる人も多くいます。イエスの誕生を祝い、牧師の説教に耳を傾けたり賛美歌を歌ったりします。

レヴェイヨンの翌日、疲れ切った大人と尻目に、子供たちは起きた途端プレゼントへまっしぐらです。綺麗な包装紙もビリビリに破いて開けます。子供のためのクリスマスであっても、大人だってプレゼントし合って楽しみます。

25日は祭日なので、前日の疲れを癒しながら家族みんなでのんびり過ごします。

あなたはどのようにクリスマスを過ごしますか?

メリークリスマス!

Joyeux Noël !