フランスの家族ってこんな感じ

休日にリビングルームで楽しく過ごしているフランス人の家族9人。お父さんたち、お母さんたち、小学生くらいの子供たちがソファに腰掛けて楽しそうに笑っています。

Bonjour tout le monde,

今度のブログは家族関係についてです。

フランスのたいていの家族で2人の子どもがいます。一人っ子も多いです。
3人以上の子どもがいる家庭は珍しいです。

3人以上の子どもがいる家族は大家族と言われて (Famille nombreuse) 政府から生活保護費がもらえます。

例えば家政婦やベビーシッターなどのヘルパーさんを雇うお金や引っ越しする時の費用を政府からもらえたり、家族全員電車賃が安くなる(MAX75%割引まで)、休みに旅行など出かけるときもお金がもらえます。
フランスの政府は、子どもをたくさん産んでくれた家庭のために、そして子どもがたくさん生まれるために、いろんな作戦を考えています。

フランスでは共働きがほとんどです。専業主婦もいますが、2%くらいです。
なので子どもが小さい時にはベビーシターを雇うか、祖父母にお願いするか、ヘルパーさんに任せます。

もちろんフランス人のお母さんも産休が取ることが出来ます。
一人目の子供なら産休は16週間、二人目なら26週間、双子は34週間、三つ子なら46週間です。
産休が終ったらお母さんが子どもを保育園に預けて職場に戻ります。
フランスの法律では、会社は産休を取った女性を受け入れなければいけないと決まっています。

家では両親で家事(掃除、料理、皿洗、洗濯)を出来るだけ分担します。
日本の昔のドラマでお父さんがお母さんに向かって「おーい、飯ー、風呂ー!」言っていたりしますが、フランスでは聞いたことがないですね!だって二人で家事をするからね!笑

もちろんお母さんの仕事が多めですが、お父さんもたくさん家事をします。
2人で家事を分担するおかげで、二人とも子供と一緒の時間をもっと楽しむことが出来ます!

子育ても両親二人で行います。
でもフランスでは日本のように子供と一緒にお風呂に入ることはありえません!
小さい時(2~3歳くらいまで)は親が子供をお風呂で洗ってあげます。その後は子供は自分1人でシャワー浴びます。
10歳以下の場合は、もちろん両親たちが近くで問題ないかチェックしています。

朝ご飯と夜ごはんは皆で食べて、テレビを見ながら日常的な話しをします。

日本でも学校の宿題を確認したり、試験の前の勉強が必要ですよね?
フランスでは塾ではなく両親が手伝います。数学が得意なお母さんは数学を教えてあげて、英語が出来るお父さんに文章の意味を聞きます。
フランスでは日本の塾のようなシステムがないので、両親二人が一生懸命子供のために手伝います。時々は大学生の家庭教師のような人を呼びます。
もちろん子どもが成長すると両親が手伝いをするのが嫌になりますが、両親はいつも確認する。
フランスの子どもも日本と同じように反抗期があるよー笑

前回二世帯住宅のポストで、20代で子供たちが両親の家から出て自立すると説明しましたが、
遠くに住んでいても2週に一回ぐらいに両親に会いに行きます。私達みたいに日本に住んでいるならLineまたはSkypeを使って両親に話します。

A la prochaine !