フランス人の有給休暇は●ヶ月!?

夏の砂浜にアルファベットで書かれた「ヴァカンス」の文字とその上に描かれた太陽のイラスト。そこに打ち寄せる白い波。

Bonjour à tous,

もうすぐクリスマスなので、今日のブログは休暇(休み)についてです。
フランス人と日本人では休みに対しての考え方は結構違いますね。
フランスでは休みを取るのは当たり前です。
いつでも取れるし、長い間仕事から離れることもできます。
休みを取りたい時には、日本と同じように「いつからいつまで休みをとるか」を上司に伝えます。上司は基本的にいつもでもオッケーを出します。
なぜならば、フランスには5月から10月下旬までの期間で2週間連続を取らなくてはいけないという法律があるからです。
会社側は、社員が少ない時や仕事が回らないといった正当な理由があれば、否認することができます。
フランス人は自分の仕事を同僚に任せて気軽に休み取ります。もちろん同僚が休みに行くときに自分が代わりに同僚の仕事を受け持ちます。みんなで助け合いながら休みをとっているのです!
フランス人はどうやって休暇を過ごすと思いますか?
日本と違って振替休日がないので、フランス人は祝日と週末の間の日を休みにします。
例えば木曜日が祝日なら、金曜日を休みにして木金土日で4日間休みます。
フランス語ではこのことを Faire le pont (橋のようにする)を言います。
冬休みはクリスマスとお正月の間に10日間ぐらい取ります。
日本人はお盆休みの1週間くらいでたくさんの人が海外旅行に出かけるよね?
もっと長く休みたいよね!
フランス人の夏休みは基本的には2週間~3週間くらい取ります。パリから離れて海の方のリゾート地に行ったり、海外に行ったり、キャンプしたり、実家に帰ります。
ところでフランス人は有給休暇どれぐらいあるか知ってますか?
まず座って落ち着いてきいてください。大丈夫ですか?じゃいきます。
フランス人は5週間の有給休暇があります。それは契約社員でも正社員でも関係ありません。
仕事を始めた最初の年から5週間取ることができます。
そして5週間というのは最低5週間です。会社によってはもっとたくさんの有給をもらえるかもしれません。会社の社歴長かったりや子どもがいる場合は給料か休みが増えます。
もちろんその有給休暇をほぼ全部使います。
日本と違って、有給休暇の利用期限はないので、退職が来る時に残り休暇を全部取って2ヶ月~6ヶ月ぐらい前に退職することもあります。
日本のサラリーマンは周りに気を使って、有給を取らなかったり、取れなかったり、仕事を任せること遠慮して休暇先にPCを持って行ったり、職場から電話がかかってきたり・・・
フランス人から見ると、そんなの休暇じゃないよー!って感じです。
ちなみにフランス人もお土産を買います。
でもその渡す時が少し違うかな?
日本人は「長いお休みありがとうございました、ご迷惑おかけしました、これつまらないもおんですが食べてください」って感じが多いんじゃない?
フランス人は「バカンスにいってきたよ!すごく楽しかった!これお土産だよ!」とすごくハッピーな感じです☆
あなたは5週間の有給休暇があったら何をしますか?