ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワというフランスの伝統的なパイ生地でできたアーモンドペーストの焼き菓子がお皿の上に乗っています。フェーヴと呼ばれる陶器でできた小さな人形がパイのそばに置かれています。

今回のブログでは「ガレット・デ・ロワ」という伝統的なケーキについてお話しします。
日本でも、この名前を耳にすることがあるかもしれませんね。もしくは実際に見たことがある人もいるかもしれませんね。

でも、ガレット・デ・ロワって一体何なんでしょうか?このブログでじっくりご説明いたします。

ガレット・デ・ロワとは何ぞや??

フランスでこの伝統的なケーキ、ガレット・デ・ロワを食べるのは1月です。高級というよりは庶民的なケーキで、ほとんどのフランス家庭で食べられています。

ガレット・デ・ロワ

新年が明けると、フランスのパン屋さんやスーパーマーケットに並びます。1月の間、家族や友と集まった時に食べるごちそうです。

いろいろな種類がありますが一番ポピュラーなのは、フランジパーヌガレットです。イタリア発祥のフランジパーヌというアーモンドクリームをクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)に加えた洋菓子用のクリームをパイ生地で挟んで焼き上げたケーキを意味します。

どんな食感なのか、どんな味なのか、言葉だけで説明するのは難しいですが、 «サクサクとしたパイ生地とアーモンドの芳醇な香りいっぱいの甘く滑らかなクリームのハーモニーが最高です »

フランジパーヌガレット

日本のパン屋さんでも買うことができますよ。ぜひ一度お試しあれ。

長い歴史を持つこのケーキは独特の食べ方があり、フランスにおいても地方によっていろいろな特徴があるのです。

ガレット・デ・ロワのちょっとした歴史を見てみましょう。

ガレット・デ・ロワの起源はローマ帝国時代にまで遡ります。
当時、12月末から1月初めに催されいていたサートゥルナーリア祭という祭では、権力のある一族によって奴隷が1人選ばれました。選ばれたその奴隷は、その一日を王様のように過ごすことができます。その日だけはどんな望みでも叶うのです。しかしその1日が終わると、元の奴隷に戻るか死刑に処するか、一族によって決められます。何だかとても残酷な時代ですよね…。

王様になる奴隷は運次第です。奴隷の人数分に切り分けた大きなケーキの一切れに、空豆を一粒隠しておきます。空豆の入った一切れを食べた奴隷が王様になるのでした。

かつて空豆は冬至のシンボルの一つで、ローマ人にとってとても大切な野菜でした。

そら豆

その後は奴隷とは関係なく、キリスト教の祭りの際に食べられるようになりました。東方の三博士がキリストに会いに行った1月6日を公現祭と言いますが、その日を祝うためにガレット・デ・ロワを食べるようになったと言い伝えられています。

今日では、キリスト教徒でない人でもガレット・デ・ロワを食べます。1月6日、もしくは1月1日の後の最初の日曜日に食べます。
と、は言え、実は1月の間はほとんどずっと売られています。家族や友達や同僚などいろんな人とガレット・デ・ロワを食べる機会がありますが、何回食べても飽きない美味しさです。

ガレット・デ・ロワの食べ方

ガレット・デ・ロワを食べる時の面白い習慣をお教えします。
まず、買ってきたガレット・デ・ロワにはフェーヴ(空豆)が隠されています。
今は空豆の代わりに小さな陶器製のフィギュアが入っています。いろいろな形があって、見ているだけでも楽しくなりますよ。

先ほど少し説明したように、ローマ時代の習慣を真似して、ガレットを人数分に切り分けて配ります。家族の中で一番歳の小さい子がテーブルの下に隠れて、一切れずつ家族の誰に配るか決めていきます。インチキやズルは一切なしです!

「これは、誰の分?」
「おじいちゃんの」
「これは、誰の分?」
「おばあちゃんの」
「これは、誰の分?」
「お母さんの」
「これは、誰の分?」
「お兄ちゃんの」
など

子どもはガレットを渡される人を指名するのです。みんなでお喋りしながら楽しく食べます。
フェーヴが入っていた人が王様か王女様になることができます。王様になった人は王女様を選び、王女様になった人が王様を選びます。ゲームみたいでしょ!

もし、ガレット・デ・ロワをフランス人と食べることがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

フェーヴ

フェーヴは空豆という意味です。今ではケーキの中に隠されている小さなフィギュアを指しています。一般的に陶器で作られて、形はいろいろあります。歴史上の人物、フランス・地方の歴史的な建造物、有名なスポーツ選手、いろいろなマスコット、ディズニーキャラクターのフィギュアなど。時代によってさまざまです。いろいろな流行やテーマがありますからね。フランスにはこれらのフェーヴをコレクションをしている人がたくさんいるんですよ。

ディズニーキャラクターのフェーヴ

王冠

フランスのパン屋さんで、ガレット・デ・ロワを買うと一緒に冠をくれます。もちろん本当の冠ではなく、金色だけのものや子供のためのキャラクターがデザインされたものなど紙製の冠です。王様、女王様に選ばれた人がかぶることのできる冠です。

いろいろなガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワというとパイ生地にフランジパーヌ(アーモンドクリーム)を挟んだ焼菓子を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。しかし、フランスの各地方によって種類もいろいろあるのです。

フランジパーヌの代わりにりんごのジャムやチョコを使うものもあります。そして名前も違えば、形も全く異なっていたりします。例えば南フランスですと、いわゆるガレット・デ・ロワはガレットパリジェンヌと呼ばれていて、それほど食べられません。その代わりに、ガトー・デ・ロワという冠の形をしたケーキをよく食べます。面白いですね。

ガトー・デ・ロワ

皆さんがフランスの各地を訪れる時は、1月ならば近くのパン屋さんに行ってみてください。どんなガレット・デ・ロワに出会えるでしょうか?珍しいものを発見した時は、ぜひフランス語学校レグザゴンのSNSページでもシェアしてくださいね。

日本でも美味しいフランスのパン屋さんがありますので、すぐに見つけることができますよ。PaulやViron、 Boulangeなど。値段は決して安くはないですけどね…。フランスではホールで買いますが、日本ではもちろん一切れから買うことができます。

果たして、皆さんは女王様、王様になれるでしょうか…?!